未分類 INFORMATION

Excelワンポイントレッスン
~プルダウンリストを作ってみよう編~

160212Excelワンポイントレッスン
こんにちは!ITソリューション企画部 木村です(´,,•ω•,,`)
お客様先にご訪問させて頂いているとExcelやWordといったoffice系のご質問を頂く事がとっても多いです(>_<)
そこで、一番ご質問を頂く事が多い、Excelの☆ワンポイントレッスン☆のブログ連載を始める事に致しました•*¨*•
私自身、元々はExcel苦手社員でした(;^ω^)ただ入力するしかできなかったんです・・・
でも、ちょっと勉強して色々と便利な機能なんかを覚えるうちに、「Excelってめっちゃ便利!」って思える様になりました♪
少しづつですが、便利な機能や使える関数なんかをご紹介して行きます!
第1回目の今日は「プルダウンリストを作ってみよう編」です☆

プルダウンリストって何?便利なの?

例えば、下記の様な表を作らなければならない、という時に【商品分類】や【商品名】など決まった入力項目がある場合、1つづつ手入力するのって面倒ですよね!
入力ミスなんかもあるかもしれません(>_<)
160215Excelワンポイントレッスン1
そんな時に下記の様に、プルダウンリストから項目を選択できたら便利だと思いませんか?
160215Excelワンポイントレッスン2
プルダウンリストの作り方には2パターンあります(^^)
①【項目リスト表】を作成して参照する方法
②【項目リスト表】を作らずにプルダウンリストを作る方法
①が一番簡単です╰(*´︶`*)╯
②はちょっとした時に便利ですが、項目数が多いと大変です(:_;)

①【項目リスト表】を作成して参照する方法

今回は【商品分類】をプルダウンリストから入力できる様にします。

❶【項目リスト表】を作成してください

160215Excelワンポイントレッスン3

❷プルダウンリストで入力したい箇所を選択してください

160215Excelワンポイントレッスン4

❸【データ】タブの【データの入力規則】を選択してください

160215Excelワンポイントレッスン5

❹【リスト】を選択してください

160215Excelワンポイントレッスン6

❺項目表をドラッグして選択してください

※ドラッグ:マウスの左クリックボタンを押しながら範囲を選択する
選択範囲が決まったらマウスの左クリックボタンから手を放す
160215Excelワンポイントレッスン7

❻選択ができたら、【OK】ボタンを選択すれば完成です!

160215Excelワンポイントレッスン8

②【項目リスト表】を作らずにプルダウンリストを作る方法

先ほどの手順の❶は抜かして頂いて、❷~❹までは同じです!
次に、下記の様に直接リストにしたい項目(文字)を入力します。
160215Excelワンポイントレッスン9
注意して頂きたいのが、文字と文字との間の区切りには半角のコロン「,」を使用するということ。
160215Excelワンポイントレッスン10
いかがでしたか?今回のプルダウンリストをもう少し進化させて、
160215Excelワンポイントレッスン11
上記の図の様に「状況によってプルダウンリストを変化させる」なんて事もできちゃいます!
例えば、 「メーカー名」と「商品」を入力する様な表を作成する際に、 メーカーを選択(又は入力)すると、そのメーカーの商品だけがプルダウンリストで表示されるといった様な事も·˳♪⁎˚♫
そのやり方は、のちのちご紹介させて頂きます(*ノωノ)
次回は、「Excelの便利なショートカットキーと使える便利機能」をご紹介します!
是非お楽しみに♪
株式会社東洋では、無料のなでしこ教室を開催しております!
不定期ではございますが、HPやFacebookで開催案内を行っております(。>ω<)ノ
訪問型office教室もご用意しておりますのでお気軽にお声掛け下さいませ•*¨*•
office教室お問合せ
【関連ブログ】
なでしこOffice教室
なでしこ教室のテキストを公開しています
【関連サービス】
なでしこ教室
staff_kimura