未分類 INFORMATION

Excelワンポイントレッスン 第2回
知ってますか?Excel2013の便利な機能

Excelワンポイントレッスン第2回
こんにちは(*’▽’)ITソリューション企画部 木村です!
Excelワンポイントの第2回目です☆
前回は番外編で「Excelファイルを開くのにもの凄く時間がかかる」をお届けしましたが、第2回目の今日は「Excel2013の便利機能」をご紹介したいと思います(^^)/

【NEW】フラッシュフィル機能を使ってみましょう

Excel2013の自動化で、操作を省力化する代表的な機能が 「フラッシュフィル」です。
これは入力されたデータの並び方にルールを見つけ、自動的に入力をするものです。
オートフィルが進化したのが「フラッシュフィル」と考えるとわかりやすいかもしれません。
Excelフラッシュフィル機能
売上表の顧客名の部分に【フラッシュフィル】機能を使って「姓名」を一括入力してみましょう!
まずは一番頭のセルにだけは手打ちで入力します。
ここでルールをエクセルに教え込む訳です!
操作方法
フラッシュフィルの操作方法
頭のセル入力し、[フラッシュフィル]ボタンを押す事で【顧客名】というのは隣のセルの【性】と、その隣の【名】の間に[空白]を入れて入力する列なんだよ!と覚えさせます。
では、[フラッシュフィル]ボタンをクリックしてみて下さい!いかがですか?上手く行きましたか(´・ω・`)?
フラッシュフィル入力規則
先頭の文字だけ大文字にするという様な事も可能です。
ただ、あくまでもExcelが判断している事です。
フラッシュ フィルが良好に動作するのは、データに何らかの一貫性がある場合です。

【NEW】アプリを使ってみましょう

ここでいう“アプリ”とは、Office 2013と連携して動作する新しい“アプリ”のことを指しています。
たとえば、『Bing Maps』というアプリを使用すると、エクセルデータを基にデータを地図にマッピングしてくれたりします。
プレゼン資料として使うと見栄えの良い資料がつくれるかもしれませんね。
Bing Maps
今回はカレンダーアプリを使用してみたいと思います!
操作方法
カレンダーアプリ
[挿入]タブ→[ストア]を選択します。
160525_6
カレンダーを選択してみて下さい。
全てのアプリが安全とは言えません。
使用される際はご注意ください。
カレンダー入力
売上日の入力がカレンダー選択で行う事ができます(^^)

クイック分析ツール

2013の機能で「クイック分析ツール」というものがあります。
簡単に分析を行う事ができます☆
表を選択する事で「クイック分析ツール」を使用する事ができます。
設定方法
クイック分析ツール
[ctrl]+[shift]+[→]+[↓]で表を選択してみて下さい。
そうすると右下に「クイック分析ツール」が表示され、色々な分析を行う事ができます。
今回は「テーブル」→「ピポットテーブル」を使用してみます。
クイック分析ツール設定
160525_10
【スライサー】と【タイムラインの挿入】を使うと更に便利です!
スライサーでは「スライサーの挿入」でチェックを入れた項目のスライサーツールが表示され
「何月何日の売り上げだけ表示する」とか、「○○さんの売上金額が知りたい」という時にとっても便利♪
タイムラインでは「何月何日~何月何日まで」といった期間を指定して集計を表示することができます(^_-)-☆
【スライサー】
スライサー
【タイムライン】
タイムライン
いかがでしたか?色々な事が自動でできる様になって、上手く使いこなせば事務作業が少しだけ楽になるかもしれませんよね(^^♪
今回はEXCEL2013に注目してみましたが、次回は条件付き書式などバージョンに関係なく便利に使って頂ける機能をご紹介します!
お楽しみに( *´艸`)
office教室お問合せ
【関連サービス】
なでしこ教室
【関連ブログ】

Excelワンポイントレッスン第1回 ~プルダウンリストを作ってみよう編~

なでしこOFFICE教室
staff_kimura