ディベロッパー高橋ブログ INFORMATION

FilMaker x MFクラウド API連携 その1


最近請求書の電子化、WEB化というお話を聞く機会が多く、FileMakerとMFクラウドを連携してFileMakerで作成した請求書を電子化出来ないものかと試してみました。

 

1.MFクラウドに登録する(無料)
まずはMFクラウド請求書に登録します。無料で30日間使えるようです。

 

 

諸元事項を入力してメニュー画面に移ります。
まずは事業所を登録します。右上の歯車マークをおして事業所設定に移動します。

 

2.事業所を設定します。

 

 

3.API連携に必要なセットアップを行う。

詳しい手順は下記URLに用意されております。

https://support.biz.moneyforward.com/invoice/guide/api-guide/a01.html

 

簡単に流れを書きますと、認証用のOAthアプリケーションを設定して、アクセストークンを発行させるということです。

 

 

4.FileMakerから接続してみる。
こちらも詳しい手順は下記URLに用意されております。

 

https://github.com/moneyforward/invoice-api-doc/

 

今回は先程設定した事業所情報を取得してみます。

まずは、テーブルとレイアウトを作成します。

 

事業所テーブル

 

事業所レイアウト

 

続いてMFクラウドから事業所情報を取得するスクリプトを作成します。

 

4行目に、事業所を取得するURLを記入
5行目に、cURLオプションを設定(アクセストークン等)
6行目が、実際にデータ(json)を取得するコマンドになります。

 

 

8行目からは6行目で取得したjsonデータをJSONGetElement関数を使用して各フィールドに設定していきます。

スクリプトはこれで完了です。

 

作成したスクリプトをレイアウト上の事業所取得ボタンに割当ます。

 

5.実際に取得してみる。

アクセストークンにMFクラウド請求書で発行したアクセストークンを入力

 

 

事業所取得ボタンを押すと・・・

 

MFクラウド請求書で設定した事業所情報が取得出来ました。

 

次回は、取引先関連と連携してみます。