株式会社東洋ブログ INFORMATION

「情報セキュリティマネジメント試験」に合格するためのコツ!

アシスタントの仁科です。
この度、当社の三カ年計画の目標の一つでもある情報セキュリティマネジメント試験に合格しました。

 

情報セキュリティマネジメント試験とは、情報セキュリティマネジメントの計画・運用・評価・改善を通して組織の情報セキュリティ確保に貢献し、脅威から継続的に組織を守るための基本的なスキルを認定する試験です。

 

社会のIT化が進むにつれ、重要な情報を守るためにはIT技術だけの対策ではなく、適切な情報管理、業務フローの見直し、組織内規定順守といった、人による対策についても取り組むことが重要となってきました。
「事務職だから、関係ない」といった考えが一番危ない、人的脅威です!
合格して良いことは、小さなことばかりですが、情報セキュリティに関する知識は確実に向上したと思います。

 

私なりの勉強のコツというか、これから試験を受けられる方へのアドバイス!

 

勉強のコツは「覚える」のではなく「理解する」こと。
この試験は、キーワードを覚える単純な暗記ではなく、「何のためにこの対策が必要なのか」「組織のセキュリティはどうあるべきか」など、本質を理解する必要があります。
特に午後試験は「問題文に記載された状況において、どういう管理策を実行すべきか」など『考えさせる』問題が出題されます。
久しぶりに目にする、長文問題で気持ちが滅入りますが、恐れる必要はありません。
実際に中身を読んでみると、常識で考えれば分かることも結構たくさん書かれています。
落ち着いて、上から順番に読み進め、問題が出てくる度に解いていく。
振り返って読み返してしまうと時間が足りなくなるので、じっくり理解しながら一読で進めて行きます。
正解が複数あるように感じるものもありますが、正解は1つだけです。
問題文の中に、正解が1つになるようなヒントや制約が隠されているので、「問題文から答えを導く」「問題文の中の答えを見つけ出す」洞察力をフルに発揮して読み・解き進めて行きましょう!

 

午前試験は、過去問道場を活用して解けるようにしておけば大丈夫!
全く同じ問題がいくつもでてきて、驚くぐらいです。

 

何のために?ではなく知らないより、知っておいた方が今の時代、何かと役に立つスキルなので、是非皆さんもチャレンジして下さい!
10月は、秋期試験ですよ‼︎